ぷちゾッとする話 

どうも!りなです!

 

 

早速ですが、この季節そろそろこの話題が多くなってくるのではないでしょうか?!

というテーマで行きたいと思います(   Ü)/

南大阪注文住宅

これは私が高校生の頃、今でもそうですが家の扉は基本的にはきっちり隙間を残さず閉めるタイプで、

その日は部活から帰って夜9時か10時くらいまで仮眠をとっていたんです。

 

 

気持ちよく眠っていたら、突然なにかに叩かれたような痺れで目を覚ましました。

なんだ?!と思って部屋を見回しても誰もおらず、1階に降りてもまだみんな仕事のようで私ひとりで

留守番状態だったのですが、、分からないことが、ただひとつ。

 

 

自分の部屋のドア、しっかり閉めた記憶があるのに拳1つ分開いていたんです。

いまだ解明されてません。。

 

 

(幽霊だとしても自分叩かれるって…w)

南大阪注文住宅

これは今年に入ってのお話。

 

夜遅くに電車に乗っていた時のお話です。時間も遅く車両を見渡すと誰も居なかったので、

テンションが上がりTwitterに『久々に誰も車両居ないww』と投稿し、少し経ってから何気なくもう一回Twitter

を開いたんです。

 

 

そしたらさっき投稿した文面に注目してみると、

 

 

『久々に誰も車両居ないwe』となっており、最近その[we]自体を打った事もなく、

変換にも全く出てきたことがなかったのに、たまたまだとしても誰も居ないのに…we。

 

 

なんだかその時ばかりはちょっと怖かったです。

 

 

さてこんな感じで今回は軽いゾッとした話?になっているか不明ですが、

皆さんもゾッとする話、仲間内でやってみると何かが起こるかもしれませんね~…

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.