大阪・南大阪の注文住宅で最適な暮らしをつくるマスノホームズ

大阪・南大阪の注文住宅で最適な暮らしをつくるマスノホームズ

HOME > スタッフブログ > さっこさん > 年末年始、私の場合

年末年始、私の場合

2022-01-09

明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

遅ればせながら新年のご挨拶を。もうえべっさんですけど。

 

年末年始はいかがお過ごしでしたか?

 

私はまず、12月24日は娘の高校の三者面談で

 

仕事の途中抜けて学校へと車を走らせたのですが

 

クリスマスイブということをすっかり忘れていて

 

シャトレーゼさんの前で渋滞、ケンタッキーFチキンさんの前で渋滞、

 

道の選択を誤ったぁぁ!!

 

早めに出たのにギリギリ。教室は3階。キツイ!!

 

そして成績の話と進路の話、進路についてのプリントを頂いたのですが

 

「国公立、私立文系、私立理系、医療・薬学 各大学の必要なお金」の欄を見て

 

瞳孔が開くわたくし。面談中、めまいを起こしそうになりました。

 

話は変わりまして12月27日。12月初旬に受けた検診で「要精密検査」の結果が出て

 

予約の電話を入れたらこんな年末ギリギリに。

 

「精密検査」は私の場合「内視鏡検査」なのですが

 

「検査を受けるとき、麻酔しますか?麻酔したら車の運転はできませんよ。」

 

と言われました。うーん、車の運転できへんのは困る。が、もう10年くらい前

 

この内視鏡検査について、かのキダタロー先生が

 

「生まれて来ぇへんかったらよかった」という感想を述べられていたのを思い出し

 

麻酔をお願いすることに。私のすぐ前に検査が終わった患者さん、麻酔なしだったようで

 

看護師さんに支えられてヨレヨレと足を引き摺りながら歩いてらっしゃるのを見て

 

キダタロー先生の感想は誇大表現ではなかったのだ、と戦々恐々したのでした。

 

検査の結果は何事もなく、翌日は無事仕事納めを迎えました。

 

12月30日、午前中におせちの買い出し、昼から掃除、夜は餅つき。

 

12月31日早朝よりおせち作り。

 

何年前かは忘れましたが、ホームセンターで柚子の苗木を買ってきて父の畑に植えたのですが

 

なかなか実らず「桃栗三年柿八年、柚子はそれ以上か~。いつになった実るんやろう」

 

と思ってたのですが、今年いきなり大量に実り、おせち用にホクホク顔で収穫に。

 

柚子の木って棘があることを初めて知りました。しかも薔薇の棘の3倍くらい長いんです。

 

軍手も持たずに畑に来てしまい、思いがけず収穫に難航。

 

棘が刺さらないように収穫するため中腰になって腕だけ斜めに上げたり、

 

バレエのアラベスク(後ろ足はそんなに上げない)で手にはハサミ、

 

第三者から見たらなかなか怪しい姿ですが、本人必死。

 

午前中に何とかおせちを作り終わり、午後から掃除。

 

脚立にのぼり普段はしない高いところの掃除もして、普段使わない筋肉を使い

 

バタバタしている間に時間は過ぎ、年越しそばを作って大晦日の作業終了。

 

そして元旦早々 金縛りにあったかと思うほど体が動かず。

 

今年の目標は「普段から体中の筋肉をまんべんなく使う」にしよう、と思ったのでした。