大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > 注文住宅で予算内に収まらない方必見!注文住宅の費用を抑えるためのコツ4選

注文住宅で予算内に収まらない方必見!注文住宅の費用を抑えるためのコツ4選

「注文住宅の予算を設定したけど、なかなか予算内に収まらない…」
「注文住宅の費用を抑えるための裏ワザって何かないの?」

こういった疑問をお持ちではありませんか?
注文住宅の見積もりを作ってもらっても、なかなか予算内に収まらない場合がとても多いです。
実は、費用を抑えるためのポイントを知っておくだけで、大幅なコスト削減につながる可能性がグッとあがります。
最も効果的な解決策として、「コストがかかる項目を把握し、優先順位を決めること」が挙げられます。
そこで今回は、注文住宅でコストがかかる項目を改善方法と一緒にご紹介し、予算内に収まらない問題を解決していきます。

 

□注文住宅の費用を抑えるコツ

注文住宅の費用を抑えるコツは、コストがかかる項目を改善することです。
具体的な改善方法を、コストのかかる項目と一緒に以下でご紹介しますので、ぜひ優先順位を決めてみてください。

*屋根の面積と形

同じ2階建ての戸建てでも、屋根を1階の上と2階の上の2箇所にするよりも、2階の上だけの方が安くなります。
つまり、「屋根の面積が小さいほどコスト削減につながる」ということです。
また屋根には寄棟、切妻、片流れなどの形がありますが、寄棟よりも切妻、切妻よりも片流れの方が安くなります。

*外壁の面積

でこぼことした外壁を塗装したり補強したりするよりも、でこぼこの少ない外壁の方がかかる費用は安いです。
これは、でこぼことした外壁の方が塗装に必要な面積が大きくなりますし、災害などにも耐えられるような構造的な補強がより必要なためです。
間取りを考慮しつつ、土地の形を考えていきましょう。

*門扉や塀をつくらない

サイズや材質にもよりますが、この2つを設けないだけでおよそ100万円もの費用を抑えられます。
外観が殺風景だと不安を感じるようであれば、木を植えるなどして改善してみましょう。

*床面積を減らす

「とにかく大きい家に住みたい」と思って、実は多くの方が、あまり使わない空間が多いにもかかわらず、床面積を大きく選んでしまいがちです。
この項目は部屋の間取りや希望点、必須点などを洗い出して図面に反映させてから考えられるので、考える優先順位は後でいいでしょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅でコストがかかるものを改善方法と一緒に、4つ解説しました。
どれもとても費用がかかる項目なので、少し見方を変えるだけで必要な金額が大きく変わります。
ぜひ見積もりまで話を進める前に、この記事を参考にして、スムーズに契約までいきましょう。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.