大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > 注文住宅の内訳ってどんなものがあるの?かかる費用と内訳のまとめをご紹介!

注文住宅の内訳ってどんなものがあるの?かかる費用と内訳のまとめをご紹介!

「いざ注文住宅を買おうと決心がついたものの、どんな費用がかかるのか何も知らなくて困っている…」
「注文住宅の費用の内訳ってどうなっているの?」
「基本的なところから詳しく知りたいな。」

こんな状況に今、みなさんは遭遇していませんか?
家族にとってとても大きなお金を動かすことになる「不動産購入」は、誰でもとても慎重になるでしょう。
注文住宅の費用の内訳を把握することで、安心して購入できるだけでなく、それぞれどのように役立てられているのかをしっかり把握できます。
そこで今回は、注文住宅を購入するにあたってかかる費用と、その内訳をまとめてご紹介します。

 

□注文住宅の費用の内訳

注文住宅の費用は大きく分けて、「本体工事費用」、「付帯工事費用」、「その他諸経費」の3点に分かれています。
それぞれについて解説していきます。

*本体工事費用

本体工事にかかる費用は、建築にかかる費用の全体額のおよそ7~8割を占めることがほとんどで、広告で記載されている金額は大抵この費用だけを指しています。
つまり、以下でご紹介する「付帯工事費用」や「その他諸経費」は入っていない場合が多いのです。
本体工事費用の内訳を具体的に挙げると、基礎工事や内外装工事などが当てはまります。

*付帯工事費用

付帯工事にかかる費用は、建築にかかる費用の全体額のおよそ1〜2割を占めます。
これは、建物に関連したものにかかる費用を指しています。
例えばライフラインの整備費や、エアコンや浴槽などの機器代、地盤改良工事の費用などが当てはまります。
この中で一番高額になりやすいのが地盤改良工事で、数百万円ほどかかることが多いです。
このため、購入する土地の状況や、近くに工場のような地盤に直接影響する環境にあるのかをあらかじめ調べておきましょう。
また塀や庭、門扉や駐車場にもサイズや素材、デザインなどによって高額の費用がかかります。
この2点を十分にチェックした上で、話を進めていきましょう。

*その他諸経費

工事のために足場を作ったり、給排水管を家に繋いだり、古屋の解体工事をしたりするためにかかる費用も負担しなければいけません。
建築会社にお話をする段階で、どんな諸経費が今回の場合にかかるのかを教えてもらいましょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅を購入するにあたってかかる費用と、その内訳をまとめてご紹介しました。
注文住宅の購入は人生において、とても大きな買い物です。
この記事を参考に予算をしっかり考えて、無理のない資金計画を立てましょう。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.