大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > 注文住宅をご検討中の方必見!オプションやその費用をご紹介!

注文住宅をご検討中の方必見!オプションやその費用をご紹介!

「注文住宅のオプションってどんなものがありますか?」
「注文住宅のオプションの相場はどれくらいでしょうか?」

こういった疑問をお持ちではありませんか?
注文住宅の見積もりを始めると、オプションそれぞれがとても魅力的に感じられて、その勢いでついついオプションをつけすぎてしまいがちです。
しかし、中には相場の費用とは大きく異なるものもあり、やみくもにオプションを追加して後悔した方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、注文住宅のオプションをいくつか紹介し、それぞれにかかる費用の相場を解説していきます。

 

□注文住宅のオプションの種類とそれぞれの費用

冒頭でも述べましたが、それぞれのオプションにかかる費用の相場を押さえておくだけで、予定の費用よりもだいぶ安く抑えられます。
また、浮いたお金で他の部分のオプションを追加購入するのもいいでしょう。
代表的なオプションを以下に挙げておきます。

*床暖房(約30万円から)

床暖房は末端冷え性の方には特におすすめの設備で、年々人気が上がっています。
床暖房は、電気式のものと温水式のものの2通りあり、以下にそれぞれのメリットとデメリットをまとめました。

・電気式のメリットとデメリット

まず電気式のメリットは、一度設定すれば基本的に建物の耐用年数内はメンテナンスが不要である点や、初期費用は温水式よりも安い傾向がある点です。
逆にデメリットは、ランニングコストが約10000円から15000円でやや高い点や、暖かくなるまで少し時間がかかる点です。

・温水式のメリットとデメリット

温水式のメリットとして、ランニングコストが低く、暖かくなるまでにかかる時間が電気式よりも短い点が挙げられます。
一方でデメリットは、定期的に不凍液の入れ替えなどのメンテナンスが必要な点や、初期費用が電気式よりも高くなりがちな点です。

*キッチンとテーブルを一体化(約150万円から)

キッチンカウンターとテーブルをくっつけて一体化すると、配膳や片付けがとてもしやすいだけでなく、すぐに座れるといったメリットがあります。
しかし、キッチンカウンターとテーブルを横並びに配列すると間取りがやや制限されるので、ご注意ください。

*アクセントウォール(約10万円から)

部屋の壁をとてもおしゃれに仕上げたい方には外せない項目でしょう。
アクセントウォールは業者に任せる方もいれば、自分で挑戦する方もいらっしゃいます。
後で手を加えられる項目ですが、初期状態から綺麗な仕上がりの壁を作りたい場合に検討してみましょう。

*ダブルシンク(約35万円から)

朝に家族が洗面台を同じ時間帯に使いたい場合に効果的です。
朝はどうしても時間との戦いになるので、1つだけよりも2つの方が待たされる心配がなく、時間短縮につながります。
工夫次第で1つのときと比べて間取りもそれほど取ることなく設置できるので、家族の人数に応じて検討してみてはいかがでしょうか?

 

□まとめ

今回は、注文住宅のオプションをいくつか紹介し、それぞれにかかる費用の相場を解説しました。
ここで紹介したのは代表例ですが、この他にもオプションはたくさんあります。
ぜひこの記事を参考に、注文住宅のオプションについてじっくり考えてみてください。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.