大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > 注文住宅を建てよう!地震に強い家を建てるための耐震基準とは

注文住宅を建てよう!地震に強い家を建てるための耐震基準とは

2019-06-30

「もしもの時に備えて、地震に強い家を建てたい!」
「地震に強い注文住宅とはどういうものかを知りたい!」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅を建てる際に、地震の影響を考えることは、避けては通れないものです。
万が一に備えて、地震に強い注文住宅を建てたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
今回は、南大阪の住宅会社が、地震に強い家にするためにはどうすればいいのかを紹介します。

□耐震基準とは

注文住宅は間取りや設備を自由に選ぶことができますが、必ず建築基準法を守らなくてはいけないというルールがあります。
建築基準法とは、建物の安全性を確保する決まりのことで、その中に、耐震基準というものがあります。
耐震基準とは、ある程度の地震に耐えられるような耐震性能を、建物が備えておかないといけないという決まりであり、これを守ることで最低限の耐震性能を持った建物にすることができます。
しかし、これは最低限のものなので、大きな地震に備えるためには、より耐震性能を上げる工夫が必要となってきます。

□耐震、免震、制震とは

地震に強い住宅として、耐震住宅、免震住宅、制震住宅の3つが挙げられます。
耐震住宅は、強い地震の揺れにも耐えられる性能を備えた住宅のことを言います。
免震住宅は、住宅自体に伝わる地震の揺れを軽減し、揺れを免れるようにされた住宅のことを言います。
制震住宅は、住宅の上層階に伝わる揺れを緩和する性能を備えた住宅のことを言います。
それぞれが似ているので混同してしまいがちですが、しっかりと違いを理解して、どういった注文住宅を建てるかの参考にしましょう。

□地震に強い家を建てるには

地震に強い注文住宅を建てるためには、どういった工夫をすれば良いのでしょうか。
1つは、天然木などの丈夫な素材を使うことです。
天然木は、年数が経つにつれて強度が増していきます。
天然木に限らず、なるべく丈夫で長持ちをする素材を選ぶことが、地震に強い家を建てるために重要になっています。

また、住宅会社の方に相談することで、最新の耐震技術を備えた住宅について知ることができます。
地震に強い家を建てるためには、見た目や機能性だけにこだわらずに、専門の知識を持った人と相談をすることも大切であると言えます。

□まとめ

今回は、南大阪の住宅会社が、地震に強い家にするためにはどうすればいいのかをご紹介しました。
地震に強い家とはどういったものかは、お分かりいただけましたか。
当社では、最新の耐震設計の注文住宅もご依頼を承っております。
南大阪で注文住宅をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

資料請求

カフェのような家づくり
カフェのような家づくり

マスノホームズ株式会社
大阪府泉南市樽井二丁目23ー20
tel:072-484-5359 fax:072-482-0165
E-mail:m-homes@masuno55.co.jp

Copyright© 2014 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.