大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > 収納上手になれる家の作り方のポイントについて|南大阪の注文住宅ならマスノホームズ

収納上手になれる家の作り方のポイントについて|南大阪の注文住宅ならマスノホームズ

2019-02-13

「服とかを収納するとき、上手にやる方法はないかな……」
そのような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
収納を上手にする方法を考えるほか、収納が楽になる工夫が施された住宅を建てる、といったアプローチもあります。
今回は、収納上手になれる家の作り方のポイントをご紹介します。

□収納上手になれる家の工夫

住宅を設計する際に、収納をどのように作るか、は非常に重要なポイントです。
それでは、以下に収納が上手になれる住宅の工夫をご紹介します。
「床蔵収納」「パントリー」「土間収納」の3つの工夫を住宅設計に取り入れると、収納の効率が格段にアップします。
では、それぞれの工夫のポイントについて詳しく見ていきましょう。

*床蔵収納

「敷地が狭く、どうしても敷地内に新しい倉庫や収納が作れない……」という方に適している工夫が、床蔵収納です。
この収納は、建物の床の下に収納を設けることを指します。
床の下の収納スペースは、物置としても広い空間を確保できるほかに、遊び部屋や趣味の部屋に十分な空間を取れるようにできます。

*パントリー

他の人の家にお邪魔した際、キッチンの裏に収納があるのを見つけた経験はありますでしょうか。
その空間こそ、「パントリー」と呼ばれる収納スペースです。
食品・調理器具などを保管できる収納空間で、料理好きの方、食材をまとめて買う方にオススメの収納です。
パントリーがあることで、キッチンに置く家具を減らすことができ、すっきりとしたキッチンにすることが可能です。
また、パントリーを作る際は「棚を浅くする」ことがポイントです。
モノを多く置きたいからといって、パントリーを深く作ってしまうと、奥深くまで収納されたものを取り出しにくくなります。
棚を浅く、幅広に取ることで、見やすく取り出しやすいパントリーにできます。

*土間収納

いわゆる玄関にある収納スペースのことを指します。
玄関にある収納スペースは、あまり使わないイメージを持たれている方がいらっしゃるのではないでしょうか。
そのイメージとは裏腹に、玄関に収納スペースを置くことはとても便利なものです。
なぜなら、「外にはあまり出したくないけど、室内に置くと部屋が汚れてしまう」といったものを置く収納スペースとなるからです。
自転車やキャリーバッグ、傘や掃除道具など、玄関に置くと便利なものがスムーズに収納できます。

□まとめ

収納上手になれる家の作り方のポイントをご紹介しました。
当社では、あなたのマイホームづくりに全力で支援できるよう、充実したサポートを整えています。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

資料請求

カフェのような家づくり
カフェのような家づくり

マスノホームズ株式会社
大阪府泉南市樽井二丁目23ー20
tel:072-484-5359 fax:072-482-0165
E-mail:m-homes@masuno55.co.jp

Copyright© 2014 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.