大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > 注文住宅コラム > 注文住宅をお考えの方必見!外壁の色決めで失敗しないためのポイントをご紹介します!

注文住宅をお考えの方必見!外壁の色決めで失敗しないためのポイントをご紹介します!

2021-07-14

注文住宅の外壁の色選びで後悔したくないですよね。
そこで今回は、外壁の色決めで失敗しないためのポイントをご紹介します。
注文住宅についてお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□外壁の失敗例とは

まず、外壁の色選びでよくある失敗例を知りましょう。
ここでは、代表的な失敗例を5つご紹介します。

1つ目は、思った色と異なっていたという失敗です。
カタログで見るのと、実際に外壁に塗られた色を見るのとでは色は異なって感じることがあります。

そのため、カタログだけで決めるのではなく、実際に同じ色を塗っている住宅を見学し、後悔のない色選びを行いましょう。

2つ目は、汚れが目立ちやすい色を選んでしまったという失敗です。
色には、汚れが目立ちやすいものと目立ちにくいものがあります。
汚れが目立ちすぎると、掃除が大変になります。
デザイン性を重視しすぎず、汚れの目立ちにくい色から好きな色を選びましょう。

3つ目は、玄関ドアや屋根との色合いが悪い失敗です。
外観の雰囲気を決めるのは外壁だけではありません。
ドアや窓、屋根も外観のイメージを決める役割をはたしています。
そのため、外壁だけで色を決めるのではなく、他の部分との調和も考えて色を決めましょう。

4つ目は、周囲の住宅から浮いてしまう失敗です。
周囲の住宅から目立つ色にしすぎると、近所の方からクレームがきてしまう可能性があります。
そのため、原色系の色は避け、周りの住宅に溶け込めるような色を選びましょう。

5つ目は、景観ガイドラインにひっかかってしまう失敗です。
地域によっては景観ガイドラインがあります。
景観ガイドラインによって、使用できる色が決まっている場合があります。
そのため、住宅を建てる前に地域の景観ガイドラインを確認し、どの色が使用できるのかを確認しましょう。

□色選びを失敗しないポイントとは

以下の点に注意して後悔のない色選びを行いましょう。

1つ目は、色の錯覚に注意することです。
占める面積によって見え方が変わる「面積効果」という錯覚をご存じでしょうか。
また、光の具合によっても見え方が変わってきます。
そのため、実際に外壁に塗ってある環境に近づけて色を見ましょう。

サンプルの色を信じすぎないことが大事です。

2つ目は、サッシやドア、屋根との統一感を出すことです。
外壁の色選びは外観を決める重要な作業ですよね。
そのため、外観に影響を及ぼす、サッシ、ドア、屋根との相性を考えて統一感のある住宅に仕上げましょう。

3つ目は、ツヤの加減を注意する点です。
色だけでなく、ツヤがあるかないかでも外壁の見え方が異なってきます。
色だけでなくツヤの度合いも決めるようにしましょう。

□まとめ

外壁の色選びを失敗しないためのポイントをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
この記事が、外壁の色選びの参考になれば幸いです。
何か注文住宅について疑問があればぜひお気軽にご相談ください。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.