大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > 注文住宅コラム > 注文住宅での窓選びの注意点について南大阪の住宅会社が解説します!

注文住宅での窓選びの注意点について南大阪の住宅会社が解説します!

2021-06-20

注文住宅での窓は失敗しやすいポイントです。
さらに窓の失敗は、間取りの計画時では気付かず、実際に住んでみてから気付く場合がほとんどです。
今回は、そんな窓選びに失敗しないために、南大阪の住宅会社が注意点について詳しく解説します。
ぜひお役立てください。

□窓選びの失敗例とは

ここではまず、代表的な失敗例を3つご紹介します。

1つ目は設置場所をよく考えなかった場合です。
窓の重要な機能である採光は設置場所が重要です。
日あたりが悪く暗いのも、逆に光を取り込みすぎて暑いのも悩ましいですよね。
そのため、太陽の向きや角度を考慮して窓の設置場所を考えましょう。

また、窓を設置したために家具を置けなくなったという場合もあります。
その対策として、窓と家具の配置を設計時から検討することがおすすめです。

2つ目は窓の数をよく考えなかった場合です。
窓は多すぎても防犯面やプライバシーの面が心配です。
また、外気温が窓から直接的に室温に影響するため、窓が多いと温度調整が難しくなります。
そのため、窓の数を増やす際はそういったデメリットを考慮しておく必要があります。

3つ目は機能付きの窓を選択しなかった場合です。
窓の性能は生活の快適さにそのまま影響します。
最新の窓は断熱性や遮熱性、気密性に優れており、非常に高性能なものが多いです。
そのため、少しお金を出してでもこだわってみてはいかがでしょうか。

□窓選びの注意点を解説します!

それでは窓選びに失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか。
ここで、先ほどの失敗例から学んだ注意点についてまとめていきます。

まずは、採光についてですが、程良い明るさを実現できる配置を意識しましょう。
小さな窓しか設置できない場合は、天窓を設置してみるのもおすすめです。

そして、風通しも重要です。
風通しが悪いと、湿気がたまり、カビやダニの発生につながります。
風通しを良くするには、1部屋に窓を2つ設置するよう心がけると良いでしょう。

また、防犯面にも注意を払いましょう。
人の目に触れにくい場所の場合、空き巣被害が心配です。
シャッターや格子を設置して防犯対策を考えておきましょう。

最後に、家具の配置を意識することです。
玄関にスリット窓を設置した場合、靴の収納スペースが狭くなったり、キッチンに窓を多く設置した場合、食器棚のスペースがなくなったりすることが考えられます。
このように、家具の配置とのバランスも忘れないようにしましょう。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて、窓の選び方について解説しました。
当社はお客様のご希望に合わせておしゃれな住宅をご提案いたしますので、ぜひお問い合わせください。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.