岸和田・泉佐野で高性能な木の家・注文住宅ならマスノホームズ

岸和田・泉佐野で高性能な木の家・注文住宅ならマスノホームズ

HOME > 注文住宅コラム > 床材はどう選ぶ?南大阪で注文住宅の購入をご検討の方へ!

床材はどう選ぶ?南大阪で注文住宅の購入をご検討の方へ!

2021-01-30

注文住宅の購入をお考えで、床材についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
何を基準に選んだら良いか分からないという方も多いと思います。
そこで今回は、代表的な床材と、床材選びのポイントについて解説します。
床材を選ぶ前に参考にしてみてください。

□代表的な床材をご紹介!

1つ目は、無垢材のフローリングです。
木目や天然の風合いが魅力的な床材です。
肌触りが良く、加えて保湿性にも優れていますが、反ったり割れたりといった症状が発生しやすい面もあります。

2つ目は、複合フローリングです。
これは、合板などの基材の表面に、化粧材を貼り合わせた床材です。
化粧材には、木目模様や均一の模様が印刷されているため、さまざまなデザインを楽しめるでしょう。
無垢材のような保湿効果はありませんが、掃除が簡単というメリットがあります。

3つ目は、クッションフロアです。
これは、塩化ビニルにクッション材が入っている床材で、トイレや洗面台によく使用されます。
熱や重みには弱いですが、耐水性や弾力性に優れています。

4つ目は、コルクタイルです。
これは、コルク樫の樹皮を圧縮した床材です。
断熱性、防炎性、耐水性に優れており、洗面所やキッチンに向いているでしょう。
弾力性や保湿性にも優れていますが、紫外線に弱く日焼けしてしまうリスクもあります。

□リビングの床材はどう選ぶ?

リビングは特に、こだわりたい部分と考える方も多いでしょう。
そこでここからは、リビングの床材を選ぶ際のポイントを紹介します。

1つ目は、リビングでの過ごし方を具体的にイメージすることです。
直接床に座ったり、素足で歩いたりすることが多い場合には、肌触りが良いものや弾力性のある床材を選ぶと良いでしょう。
逆に、イスやソファに座ったり、スリッパを履いたりすることが多い場合には、傷がつきにくい床材がおすすめです。

2つ目は、掃除の手間を考えることです。
リビングは、家の中でも過ごす時間が長いため、その分掃除の手間もかかりがちです。
特に、小さいお子さんがいるご家庭や、ペットを飼っている方は、汚れがつきにくく、掃除が簡単な床材を選ぶと良いでしょう。

□まとめ

今回は、代表的な床材の種類と、床材選びのポイントについて紹介しました。
それぞれの床材の特徴を参考に、自分に合った床材を選んでみてくださいね。
注文住宅に関して何かお悩みのことがございましたら、ぜひ当社までご相談ください。
お客様のライフスタイルやご希望に合わせて、理想の家づくりをサポートいたします。