大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > 注文住宅コラム > 賃貸か購入か迷われている方へ!賃貸と持ち家のメリットとデメリットを解説します

賃貸か購入か迷われている方へ!賃貸と持ち家のメリットとデメリットを解説します

2020-12-13

持ち家か賃貸かで迷っている方はいませんか。
賃貸物件から持ち家に移ろうとお考えの方は多いでしょう。
この記事では、持ち家と賃貸それぞれのメリット、デメリットについて解説します。

□賃貸のメリットとデメリットとは

まず、飽きたりマイホームを持ちたいと思ったりした際に、すぐに引っ越しできる身軽さは賃貸のメリットと言えます。

また設備の故障や修繕費用は全て大家さんが負担してくれること、そして家計に応じて住居費をコントロールしやすいこともメリットですね。

続いて、賃貸のデメリットについて解説します。

賃貸の設備やプランは全て大家さん次第ですので、物件によっては充実した設備が整えられていないこともあります。
特に古い物件の場合、インターネット環境の未整備やコンセント不足などの可能性があるため、注意しましょう。

また、退職後についても注意が必要です。
もし賃貸にずっと住み続ける場合、家賃の支払いは一生続きます。
更新の際は保証人が必要なため、高齢になって頼める人がいなければ賃貸契約を更新できない場合があります。

□持ち家のメリットとデメリットとは

持ち家のメリットといえば、やはりマイホームを手に入れられることです。
ローン支払い後は完全に自分の家になり、固定資産税など一部費用は除き、家賃の支払いはありませんので、老後も安心して暮らせますね。

注文住宅であれば、自分の好みや希望に沿った家を建てられるところも魅力です。
お子さんが快適に成長していけるような住まいなど、家族の将来を考慮した家を建てられます。
戸建て住宅の場合、リフォームや二世帯住宅に建て替えられる点も大きなメリットですね。

持ち家のデメリットは、住宅購入の際にまとまった資金が必要になることです。
そして住宅ローンの返済が数十年続きます。
経年劣化のための修繕費や備品交換、リフォームの費用もかかってきます。
そのため、持ち家の購入を検討する際は、資金計画を入念に行うようにしましょう。

また、持ち家に住んでいると、気軽に引っ越せないこともデメリットと言えます。
勤め先で転勤になった場合、多くの方は単身赴任することになるでしょう。
周りの住環境の変化によって住みづらくなったとしても、住み替えは容易ではありません。

□まとめ

今回は賃貸と持ち家それぞれのメリットとデメリットについて解説しました。
ご家族の将来や家計の状況を考えて、賃貸か持ち家か選択しましょう。
今後一生住み続ける住まいをお探しの場合は、長期的には賃貸よりコストの安い持ち家がおすすめです。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.