大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > 注文住宅コラム > 注文住宅の耐震について南大阪の住宅会社が詳しく解説します!

注文住宅の耐震について南大阪の住宅会社が詳しく解説します!

注文住宅の耐震性について知りたい方は必見です。
地震の多い日本において、家を新築する際は地震への備えが必須でしょう。
地震への強さを表す指標はいくつかありますが、その指標について細かく知っておきましょう。
今回は、注文住宅の耐震性能について、南大阪の業者が詳しく解説いたします。

 

□地震への強さを表す指標とは

地震の多い日本においては、いつ大きな地震が起こってもおかしくありません。
長く安全に住むためには、その際の備えは必須と言えるでしょう。
では、「地震に強い家」とはどのような家なのでしょうか。
ここでは、その指標に付いて詳しく解説します。

 

*耐震とは

最も一般的な指標は、耐震性能でしょう。
名前の通り、揺れに耐える構造を表します。
柱や壁、基礎など、建物の主要な部分の強さを高めることです。
実際に大きく揺れた際に、倒壊を防ぐために対策されています。
建築基準法で定められた強さを確認しておきましょう。

 

*制震とは

地震の揺れを吸収する仕組みです。
建物のあらゆる部分に、揺れを吸収するための装置が取り入れられます。
主に3階建て以上で使われていますが、2階以下の住宅でも取り入れられます。
家を守るためにも、制震構造を検討してみましょう。

 

*免震とは

基礎と建物の間の部分に装置を取り入れ、揺れ自体を軽減するものです。
地面からの揺れを軽減し、建物を守ります。
主にマンションで取り入れられていて、高層階の大きな揺れを防ぐのに効果を発揮するでしょう。

他にも、地盤の強さも地震に対する強さを表す指標です。
揺れやすい地盤では、耐震対策をしていても大きな揺れに耐えられません。
よって、地盤の調査を行うことをおすすめします。
調査の保証が付いている場合もありますので、確認してみてください。

 

□耐震性能の基準とは

建築基準法に定められる耐震の基準は、主に3段階に分けられますので知っておきましょう。
等級1が、一般的な住宅に求められる基準です。
震度6強程度の強い地震にも耐えられる程度の性能です。

さらに強い等級2は、その1.25倍程度、等級3は1.5倍程度まで耐えられる基準ですので、一般的な住宅よりも強いと言えるでしょう。
等級2は、学校などの避難所に指定される場所に義務付けられています。
等級3は、警察署などの公的な施設に義務付けられています。

□まとめ

注文住宅の耐震性能について解説しました。
主に、耐震、制震、免震の3つが地震に対する強さを表す指標です。
他にも、地盤の強さも地震への強さを決める要素でしょう。
耐震等級については、3つの等級がありますので、それぞれについて理解しておきましょう。
地震に強い家を作り、長く安全に住める家を検討してみてください。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.