大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > 注文住宅コラム > 南大阪在住の方へ!注文住宅の打ち合わせの注意点について解説します!

南大阪在住の方へ!注文住宅の打ち合わせの注意点について解説します!

 

南大阪で注文住宅を検討中の方は必見です。
注文住宅の打ち合わせについてご確認済みでしょうか。
ご自身と業者が協力して作り上げる注文住宅は、事前の打ち合わせが重要です。
打ち合わせの前に準備しておくべきことは済ませておきましょう。
そこで今回は、注文住宅の打ち合わせの際の注意点について解説いたします。

 

□打ち合わせの際に注意すべきポイントとは

注文住宅を建てる際、家の計画についての打ち合わせは非常に重要です。
ここでご自身の建てたい家の要望を伝え、業者に実現してもらう必要があります。
そのため、打ち合わせの失敗は避けたいですよね。
ここでは、打ち合わせの際に特に注意しておくべきことをご紹介します。

 

*イメージの共有

まず、設計士とのイメージの共有には十分に注意しましょう。
基本的には、お施主様の意向を聞いて、設計士はそれを実現するような提案をしてくれます。
その提案で同意すれば、設計士が図面を用意してくるという流れが多いでしょう。

家を建てる大工さんは、図面をもとに作業をするためです。
この図面の確認の際には、イメージの共有を慎重に行いましょう。
打ち合わせの際に主に使われる平面図は、素人にはわかりにくいものです。
収納や間取りについて、細かい点まで確認するようにしましょう。

実際に工事が始まると、途中で立て直すのは困難で、工期の延長や追加工事の費用がかかるかもしれません。
やはり、打ち合わせの段階での確認が非常に重要です。

 

*デメリットも聞く

また、ご自身の要望を聞いてもらう際には、そのデメリットも聞いてみましょう。
業者側としては、お施主様の意向を優先したいとの考えから、デメリットについて積極的に言わない可能性があります。
経験豊富な業者の意見を取り入れるためにも、積極的にデメリットを聞き出しましょう。

 

□打ち合わせの前にすべきこととは

打ち合わせ前には、ローンの仮審査を済ませると良いでしょう。
仮審査は、本審査よりも基準が緩く、比較的手軽に済ませられます。
打ち合わせで予算をある程度確定させるためにも、仮審査を行うと良いでしょう。

また、間取りを決めるための時間を十分に確保しておきましょう。
こだわりの強い方は、数か月かかる場合もあります。
引っ越しの期限が決まっている場合は、時間に余裕を持って計画しましょう。

 

□まとめ

打ち合わせの際の注意点と事前の準備について解説しました。
まずは、イメージをできる限り共有することに注意しましょう。
設計士は基本的に、家の構造を図面で理解しますので、お施主様は図面とご自身のイメージの一致を確認する必要があります。
また、事前に仮審査を済ませておき、時間に余裕を持つと良いでしょう。

 

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.