大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > 注文住宅コラム > 注文住宅に和室は必要なのか?南大阪の方は必見です!

注文住宅に和室は必要なのか?南大阪の方は必見です!

南大阪で注文住宅を利用される際、和室の設置を検討されている方がいらっしゃるかもしれません。
和室はさまざまな用途に対応できるため、作っておいて損はしません。
そこで、今回は和室を作るメリットと作成する際のポイントについて解説します。

 

□和室を作るメリット

新築を建てる際、和室は場所を取るわりに用途が少なく、必要がないと考えるかもしれません。
しかし、和室は他の部屋にない独自のメリットがあります。
それは最初から決まった用途が存在しないことです。
これはどんな用途にも対応できる優れた部屋だと言えるかもしれません。
例えば、客間として利用する場合、フローリングの部屋では布団を敷く際床が固く寝心地が悪くなります。
一方で、和室は床が畳なので、布団を敷いた際の寝心地はフローリングに比べて良くなるでしょう。
和室には収納スペースもあるため、そこに布団を入れたり、他の荷物を入れたりと収納部屋としても利用できます。
また、お子さんが遊ぶ場所としても利用できます。
床が畳でできているため、転んでも傷つきにくくのびのびと遊べるからです。
このように、和室はさまざまな用途に対応できるため、作成するかどうか迷っている方は作っておくと良いでしょう。

 

□和室を作るときのポイント

和室を作成するときのポイントは3つあります。
1つ目は和室の位置です。
和室は用途に合わせて位置を決めることで、より使いやすくなります。
客間として利用する場合は、家族の寝室と離れた場所に設置しましょう。
そうすることで、客人のプライバシーを守れるからです。
また、仏間として利用するなら、玄関近くの場所に設置しておくと良いかもしれません。
2つ目は押入れの大きさです。
押入れの大きさは客人用の布団が入るくらいの大きさにしておくと良いでしょう。
なぜなら、客間として利用する場合布団の取り出しが楽になるからです。
また、収納スペースとして活用したい場合は布団があっても余裕があるくらいの大きさにしておくと良いでしょう。
3つ目は和室の面積です。
和室の大きさは狭すぎず、広すぎない大きさが理想的です。
客間として利用するなら、最低でも6畳の大きさがあると良いかもしれません。

 

□まとめ

今回は和室を作るメリットと作成する際のポイントについて解説しました。
和室はさまざまな用途に対応できます。
また、和室を作る際は和室の位置と面積、押入れの大きさを意識すると良いかもしれません。
和室の作成に迷っている方は、この記事を参考にしてみてください。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.