大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > 注文住宅コラム > 注文住宅で最も防犯が必要なのは窓?南大阪の専門家が解説!

注文住宅で最も防犯が必要なのは窓?南大阪の専門家が解説!

「どのような対策をすれば窓からの侵入を防げるか詳しく知りたい。」
「簡単にできる防犯対策を知りたい。」
このような考えの方は多いのではないでしょうか?
元々の窓の構造を変えるのが難しいときもあるので、なるべくご自身で防犯対策をしたいと思う方は多いでしょう。
この記事では注文住宅の窓に関する防犯対策について説明します。

 

□注文住宅の窓に関する防犯対策について

泥棒の侵入を防ぐには最初の5分間が決め手だと言われています。
ほとんどの泥棒が最初の5分以内に侵入できそうな経路を発見したり、実際に侵入できなかったりする場合は諦めると言われています。
泥棒を侵入しにくくする要因は土地や窓の構造、窓の周りの環境です。

まずは、1日を通して人通りが多い土地で家を見つけることが大事でしょう。
公園は意外と夜になると閑散としているので、公園がすぐ近くにある通りでの空き巣は人目につきにくいです。

また、死角が多い路地やひとり暮らしの人が多い土地は狙われやすいです。
住む土地を決定するときは、その土地に昼と夜の両方の時間帯に訪れて、雰囲気の変化や人通りの多さを確認することをおすすめします。

次に大事なのは窓の構造別の防犯対策です。
特に侵入されやすいのは掃き出し窓なので、窓の構造を変えるか、2重ロックにすることで侵入される可能性を低くできます。
その他にも窓が配置されている高さや、窓ガラスの構造も注意すべきポイントでしょう。
いくら窓の配置されている場所が高くても、カーテンを挟んだ状態でロックした場合は簡単に侵入されます。

また、一般的なクレセント錠は最後まできちんと閉めないと防犯にはなりませんし、使い続けるうちに緩くなってしまいます。
ロックのタイプを変えるのも良いですが、サッシの上下に補助錠をつけるのも効果的です。
最後に、窓の周りの環境ですが、窓の近くに小物を置いておくとよいと言われています。
窓を割ったり、無理に開けたりしたときに小物が倒れて音を立てるからです。
泥棒は侵入する際に音をなるべく立てないようにするので、小物が近くにある窓を狙うことはまずないでしょう。
なるべく生活感のある窓にすると、泥棒もリスクを考えて侵入するのを避けます。

 

□まとめ

今回は注文住宅の窓に関する防犯対策について説明しました。
窓は最も侵入されやすい部分なので、防犯対策をきちんと行ってください。
日頃から常に窓の周りの環境に気を付けていると、空き巣を防げます。
南大阪の地域にお住まいの方で防犯対策についてお悩みがある場合は気軽に当社にご相談ください。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.