大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > 注文住宅コラム > 南大阪で自然素材の住宅を検討の方必見!アレルギーと自然素材について徹底解説!

南大阪で自然素材の住宅を検討の方必見!アレルギーと自然素材について徹底解説!

「自然素材の住宅ってアレルギーに効果あるの?」
「そもそも住宅とアレルギーってどんな関係があるの?」
このようにお考えの方も多いと思います。
しかし、住宅の建設時にアレルギー対策をしないと、その後の生活が大変です。
そこで、今回は南大阪の方に向けて、住宅とアレルギーについて詳しく解説します。

 

□住宅とアレルギーの関係性

 

*化学物質の使用

住宅のどこがアレルギーと関係あるのか疑問に思う方も多いですよね。
新築の住宅であれば、屋内の設備や材料などに多くの化学物質を使用します。
化学物質がアレルギーの原因となり、それに身体が反応して、アレルギーを引き起こします。

 

*換気をしにくい

住宅の設備や材料から化学物質が放出されます。
住宅がより密閉された空間となり、内部と外部の換気が十分に行われません。
そのため、ほこりや化学物質などが部屋中にこもります。
こうして健康被害を引き起こします。

 

□自然素材の住宅にするメリット

 

*全ての素材が安全

柱や壁などだけでなく、接着剤や断熱材にも自然素材を使用します。
人体に安全なもののみを使用するため、健康被害を引き起こすことはありません。

 

*無垢材(むくざい)の使用

住宅を建てる際によく使われる集成材(しゅうせいざい)というものがあります。
これは木材を接着剤でつなぎ合わせたもので、人体にとって安全とは言えません。
これに対して、無垢材といって天然の木から切り取ったもので人体への有害性はありません。
化学物質を含む接着剤を使用しない無垢材は人体にとって安全ですよね。

 

*漆喰(しっくい)の壁

漆喰に使用される消石灰という物質は強アルカリ性を持ち、殺菌効果があります。
また、漆喰は常に呼吸しており、有害物質を吸着したり、分解したりするため空気をきれいに保ちます。
さらに、湿気を吸収し、適切な湿度を保ちます。
これらにより、漆喰はアレルギーの原因となるガビやダニの繁殖を防ぎます。

 

□アレルギーを持っていなければ大丈夫?

アレルギーはないため大丈夫だとお考えの方もいらっしゃいますよね。
しかし、アレルギーは誰が、いつ発症してもおかしくありません。
人にはアレルギーに対する許容量があり、その許容量は人によって異なります。
そのため、アレルギーの原因となる物質を取り込みすぎると、許容量を超え、アレルギーを発症します。
また、子供の場合では、許容量が大人に比べて少ないため注意しましょう。

 

□まとめ

今回は住宅とアレルギーに関して解説しました。
安心して暮らすためには、自然素材がとても重要であることをご理解いただけたでしょうか。
自然素材を利用した住宅をご検討の方は当社までお気軽にご連絡ください。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.