大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > 注文住宅コラム > 南大阪で注文住宅をお考えの方必見!照明で失敗しないための注意点

南大阪で注文住宅をお考えの方必見!照明で失敗しないための注意点

「収入も安定してきたし、引っ越ししたいな」
「注文住宅を建てたいけど、どうしたらいいの。」
このようにお考えの方はいらっしゃいますよね。
しかし、注文住宅について詳しくない人も多いと思います。
そこで今回は、南大阪の方に向けて、注文住宅で失敗しがちな照明の設置について解説します。

 

□部屋別の照明に関する注意点

 

*玄関

玄関の照明設置はかなり失敗が多いです。
人は正面から光が当たるとその人の表情は明るく見えます。
しかし、後ろから光が当たるとその人の表情は暗く見えます。
そのため、玄関は家の人と来訪者の表情をよりよく見せるために、照明の場所に注意が必要です。
玄関は人の立つ位置が予想できるため、それを考えて照明を設置することをおすすめします。

 

*洗面所

洗面所の照明は、玄関のときと同様に人に対する光の当て方が重要です。
鏡を使う際に、人の後ろから光が当たるようにすると、表情が見えにくいです。
そのため、人の前から光が当たるように照明を設置し、鏡にうつる人が見えやすくなるようにしましょう。

 

*ダイニングルーム

食事の際に利用するこの部屋は、料理がおいしく見えるように照明を設置したいですよね。
そのためテーブルと照明の位置関係が重要となります。
照明が1つの場合、基本はテーブルの中心に照明を設置するようにしましょう。
しかし、照明を複数使用する場合、照明がテーブルの中心からずれることがあります。
ずれが生じると、テーブルが均一に照らされなくなり、非常に残念なダイニングルームとなります。
そのため、ダイニングルームの照明はテーブルと照明の最適な位置を考えて設置しましょう。

 

□間接照明に関する注意点

 

*使用場所の選定

間接照明はのんびりしたり、くつろいだりする部屋や多くの光が必要でない廊下のような場所には最適です。
しかし、細かい作業や読書などの明るさが必要な場面には向いていません。
そのため、すべての空間に間接照明を使用するのではなく、間接照明を使う部屋を決めて使い分けましょう。

 

*光源は見せない

間接照明の多くはLEDを使っており、しっかり光源を隠せていないとかなりまぶしいです。
部屋全体の明るさを抑えているにも関わらず、間接照明の光が目立ち過ぎると落ち着いた空間は作れません。
光源を隠し、一部分が明るくなることを避けるために、間取りの位置を決めてから照明器具の位置や見え方を考えましょう。

 

*交換や掃除

間接照明を普段手の届かないところに設置すると、掃除ができずほこりがたまったり、電球が切れた時の交換が大変です。
間接照明は複雑な構造にせず、できるだけシンプルなものを設置しましょう。
掃除や交換を考えて設置することは忘れやすいため注意が必要です。

 

□まとめ

今回は照明を設置する際の注意点について解説しました。
照明は照らす人や物の見え方を変えたり、リラックスした空間を作ったりすることにも役立ちます。
照明の設置についてお悩みの人やより詳しく知りたい人は、当社までお気軽にお問い合わせください。

マスノホームズ

Tel.0120-930-493

マスノホームズ株式会社
〒590-0521 大阪府泉南市樽井二丁目23-20

営業時間 8:00 ~ 18:00 /
定休日:水曜日・祝日

来場予約キャンペーン

イエのコトカウンター

アプリ

Copyright ©2019 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.