大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > 意外と簡単!自然素材の家のメンテナンス方法

意外と簡単!自然素材の家のメンテナンス方法

2017-10-20

オーダーメイドの戸建住宅をご検討中の方の中には、自然素材の家にしたいという方も多いと思います。

しかし、「メンテナンスが大変そう」という理由から諦めてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそんな方へ、自然素材の家の意外と簡単なメンテナンスの方法についてご紹介したいと思います。

 

◯なぜメンテナンスが大変と言われるのか

まず、自然素材の家だとなぜメンテナンスが大変だと思われていれるのでしょうか?
それは、デリケートなイメージがあるからです。無垢素材のフローリングは傷がつきやすく、経年とともに変色や伸縮が発生しやすいと言われています。

塗り壁も、クラックが入りやすい、汚れが落としにくい、といった不安があります。

 

しかし、近年建築に用いられる自然素材は、上記のような不安はほとんどありません。

メンテナンスが大変というのは、「今は変わってきているのに昔から根付いているイメージ」というわけですね。

日常的に適切なメンテナンスを施せば、さほど手間や費用はかかりません。

 

◯自然素材のメンテナンス方法

では、具体的にどのようなメンテナンスを日常的に行えばよいのでしょうか。

実は、ほとんど意識の問題です。気をつけるべきことに気をつければ手間のかかる作業は必要ありません。

(1)湿気を溜めない!

自然素材、とくに無垢のフローリングは、室内の湿気によって伸縮しやすい性質があります。

ですので、湿気を溜めないことが最も重要です。室内に湿気が溜まるような暮らし方をしないことと、素材が吸い込んだ湿気を適度な換気によって吐き出させることが大事です。

塗り壁などは素材の問題なので、耐久性の低い素材は選ばず、どのような素材を選んだかによって必要なメンテナンスがあるならそれを確実に行いましょう。

(2)水を使う場所を重点的に

先に述べた通り、自然素材は湿気や水に弱いです。そのため、自然素材の家では、キッチンや洗面台、トイレなど、水を使う場所にとくに注意が必要です。

濡れたり汚れたりしてしまったときは、雑巾で拭き取ったのち、必ず、乾拭きを行いましょう。
また、メンテナンスというより施工時の話になりますが、防水加工を施すと良いでしょう。

 

-まとめ-

いかがでしたか?

自然素材の家のメンテナンスにおいては、「湿気や水分に気を遣う」ことがとくに重要で、手間のかかる作業を必ずしも要するわけではないことをおわかりいただけたと思います。

「大事にする」と日常的に意識しながら生活することで、逆に家への愛着も沸いてくるでしょう。

資料請求

カフェのような家づくり
カフェのような家づくり

マスノホームズ株式会社
大阪府泉南市樽井二丁目23ー20
tel:072-484-5359 fax:072-482-0165
E-mail:m-homes@masuno55.co.jp

Copyright© 2014 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.