大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > さっこさん > ことだま

ことだま

2016-08-09

こんにちは、さっこです。

 

もう8月に入って1週間が過ぎました。

小学生のお子様をお持ちのお母さん、お疲れさまです。

 

たいていの小学校では、読書感想文は8月頭の登校日に提出です。

たぶん、二学期に入ってからだとコンクールの締め切りに間に合わないのでしょう。

我が家の娘も高学年になり、課題図書も年々厚く

「こんなぶ厚いの、今から読んでも間に合わん」

と泣きが入り(母ムカッ)仕方ないので薄い本を買い与えると

「こんなん原稿用紙3枚も埋まらん」

とまたまた泣きが入る始末(母ムカムカ)。

そして登校日の前夜、私に泣きついてくる娘。

「まず、ここからここまで読んでどう思った?」

「最悪ー。」

一言かっ、とツッコミたい気持ちを抑え

「なんでそう思う?」

を繰り返して、なんとか原稿用紙3枚埋めさせました。

めっちゃ疲れました。

 

工務店にいた頃、そこには私より3歳年下の現場監督がいました。

私より3歳下ですので結構な大人ですが、彼はボキャブラリーが少なすぎで、感想は

「最高ですわ」」か「最低ですわ」のいずれか。

「中学生かっ。」と私にツッコまれること、ほぼ毎日。

「言葉を選びなさいよ。」とも注意しましたが、選べるほど持ってません(笑)

しかも「たまに難しいことも言うねん。でも使い方、間違うてんねん。」

と彼の上司も失笑していました(笑)

 

言葉は言霊です。

「できない」と言ってしまえばそこで脳がストップしてしまいますが

「できる」と言えば脳は何とかしようとし、何とかなるものだそうです。

 前向きな言葉や感謝の言葉を口にすることで、人の脳は幸せになる理由を見つけ始めるそうです。

みなさま、副社長との会話でぜひハッピーになってくださいね。

 

 

 

 

資料請求

カフェのような家づくり
カフェのような家づくり

マスノホームズ株式会社
大阪府泉南市樽井二丁目23ー20
tel:072-484-5359 fax:072-482-0165
E-mail:m-homes@masuno55.co.jp

Copyright© 2014 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.