大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > 注文住宅の耐震性ってどうなの? 南大阪の住宅会社マスノホームズがが解説します

注文住宅の耐震性ってどうなの? 南大阪の住宅会社マスノホームズがが解説します

2018-10-13

「注文住宅の耐震性ってどうなんだろう…」
「耐震性の高い注文住宅を建てられるのだろうか?」
「耐震性の高い住宅ってどんなもの?」

このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

地震大国である日本ではどこにいても地震がくる可能性があります。
そのため注文住宅を建てるにあたって、耐震性については気になる問題ですよね。

そこで今回は、「注文住宅の耐震性」についてご紹介します。

 

□注文住宅の耐震性について

自然素材の注文住宅は鉄やコンクリートに負けずとも劣らない耐震性を持っています。

建築基準法では、耐震性能の基準として「耐震等級」というものが使われています。
等級は1級から3級まであり、1級が建築基準法で定められた耐震性能です。

自然素材の住宅は、少なくとも等級2以上の耐震性能を持っています。

木造建築は鉄筋などに比べて耐震性が弱いイメージがありますが、それはあくまでイメージに過ぎません。
実際は軽くてしなやかな分、設計で耐震性を高められるのです。

 

□人工素材の耐震性について

人工素材のうち、鉄やコンクリートは耐震性能が高いです。

鉄骨造の建物は地震がきたら、「しなり」によって形を変え、揺れに対して粘ります。
しかし、重量があるため、普通よりも強い揺れを感じる可能性があります。

鉄筋コンクリートは引っ張る力や圧縮力が強いため、揺れに強くなっています。
ただ、鉄骨造と同じように重量があるため揺れを強く感じる可能性があります。

□マスノホームズ株式会社の注文中住宅について

マスノホームズ株式会社では、建築基準法の1.5倍である等級3の耐震性を誇る住宅を建築しています。
「スーパーストロング構造体バリュー」という設計が強さの秘密です。
使用する建材ももちろん丈夫で長持ちするものを選んでいます。

また、「スーパーストロング構造体バリュー」の住宅が揺れによって全壊した場合に、建て替え費用として最高2000万円負担するサポートも行っています。

建てる前も、建てる時も、建てた後も安心できる住まいづくりをお約束します。

マスノホームズ株式会社は、他のどこの業者よりも耐震性に対して強い自信を持っています。

□最後に

以上、「注文住宅の耐震性」についてご紹介しました。
耐震性について具体的なイメージがついたでしょうか。

マスノホームズ株式会社では、自然素材を最大限に活かした注文住宅をつくっています。
耐震性の高い家を自然素材で建ててみませんか?

岸和田で自然素材の注文住宅の建設をお考えの方は、是非マスノホームズ株式会社までご連絡ください。

資料請求

カフェのような家づくり
カフェのような家づくり

マスノホームズ株式会社
大阪府泉南市樽井二丁目23ー20
tel:072-484-5359 fax:072-482-0165
E-mail:m-homes@masuno55.co.jp

Copyright© 2014 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.