大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > 自然の恵みを受けられる注文住宅、窓の配置のポイントを南大阪の住宅会社マスノホームズが伝授

自然の恵みを受けられる注文住宅、窓の配置のポイントを南大阪の住宅会社マスノホームズが伝授

2018-08-25

新しい家を買う時には、いろいろな条件があり、悩ましいですよね。
をどこに配置するのかというのもその1つであり、外界からの見た目を左右するだけでなく住宅内部の快適さにも大きく影響しますので、しっかりと考えておきたいものです。

 

今回は、風通しと日当たりの観点から、住みやすい家にするための窓の配置のポイントについてお話いたします。

 

◎風通しを重視した窓の配置の仕方

建築基準法が改正されて以降、住宅内の恒常的な換気が義務付けられ、住宅に使用されている建材から放出される化学物質をなるべく住宅内にとどめないように呼びかけられています。
この法律では、換気扇という機械的な換気システムによって空気の入れ替えを行うことが考えられていますが、それだけでは一部しか空気の流れができないことになります。

 

湿気がこもってしまう場所があると、カビなどの有害なものが繁殖することになりますので、できれば部屋全体で良い空気の流れを作りたいですよね。
そこで重要になるのが窓の位置です。
風通しを良くするための窓の位置として最適なのは対面で、部屋全体に風が流れやすい構造です。

 

また建築される土地によって自然の風の方向や強さは変わってきます。
その地域の風のことを事前に把握した上で設計することで自然の風を適度に取り入れることができます。

 

◎日当たりを重視した窓の配置の仕方

窓の位置が適切でないと部屋が暗くなってしまいますので、日当たりを重視するのであれば窓の位置を考えることは大切です。
「太陽は南側を通るのだから、南向きに大きな窓を設置すればいいのでは?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしもそれが最善とも限りません。

 

例えば南側に高い建物があってあまり日が当たらない場所である場合は、南向きの窓はむしろ役に立たないかもしれません。
また、日中は仕事や外出で家にいないことが多いというご家庭の場合は、家にいることの多い朝方に光を受けられる東側に窓を配置することを考える方が良いでしょう。

 

結局のところご自身の生活様式によって適切な位置は違うと言えます。
家にいて一番太陽の光を浴びる時間はいつなのかという点でどの位置にするかを決めることをお勧めいたします。

 

◎最後に

今回は、住みやすい家づくりの工夫として、日当たりと風通しを重視した窓の設置の方法についてご紹介いたしました。
暮らしやすさを大きく決める窓ですから、配置については慎重に考えましょう。

資料請求

カフェのような家づくり
カフェのような家づくり

マスノホームズ株式会社
大阪府泉南市樽井二丁目23ー20
tel:072-484-5359 fax:072-482-0165
E-mail:m-homes@masuno55.co.jp

Copyright© 2014 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.