大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > 岸和田で注文住宅を検討中の方へ!子供の成長を見据えた家づくりとは?

岸和田で注文住宅を検討中の方へ!子供の成長を見据えた家づくりとは?

2018-05-05

だんじり祭りで有名な岸和田で注文住宅を検討中の方はいらっしゃいませんか?
子供がいるご家庭の場合は、子供の成長に合わせて一人部屋を用意する必要があるかもしれません。

子供の成長を見据えた家づくりをすることで後々になって困ることを減らせ、余計な出費を抑えることもできます。
今回はそんな子供の成長を見据えた注文住宅のポイントについて年代別にご紹介します。

 

〇小さいころは子供の遊び場と見える空間づくり

子供が小さいころは家の中でも外でも元気に遊びます。
活発に遊ぶからこそ、親からすれば目の届く範囲で遊んでほしいですよね。

 

そこで子供たちの遊び場はリビングの隣にもってくることで、リビングで家事をしながら子供たちが遊んでいるのを見られます。
また、リビングとキッチンも目の届くように配置すれば、料理をしていても子供から目を離さずに済みます。

 

〇大きくなった際に必要となる子供部屋

子供は成長するにつれ、子供部屋を欲しがります。
それを見越して子供部屋になる部屋を準備しておくのが良いでしょう。

 

子供が2人いる家庭であれば、大きな部屋にあらかじめクローゼットやドアを二つ備えておき、子供が大きくなった際に部屋を二つに仕切り、二つの部屋にしてしまうことで、空間を有効利用できます。

 

また子供は成長し、思春期にはいると親と顔を合わせないまま自室に向かうこともあります。
思春期に入ると親子のコミュニケーションが減ってしまうので、2階に子供部屋がある場合は階段までリビングを通らないといけない配置にするなどの対策をしておくことで、子供と親のコミュニケーションを最低限確保することができます。

 

〇子供が巣立った後も有効活用!

子供が成長して独り立ちした後も部屋は残りますよね。
そのままにしておくことは勿体ないので、例えば、子供の遊び部屋をあらかじめ畳張りにしておくことで、子供の遊び部屋としての役割を終えた後には、和室として夫婦がくつろぐ空間にできます。
また、子供部屋もお父さんやお母さんの趣味の部屋にしたり、単純に収納スペースにしたりするのもいいかもしれません。

 

子供の成長を見据えて家づくりを行うことで、空間をずっと有効利用することが可能です。
せっかく注文住宅を建てるのですから、どうせなら最後まで有効活用したいですよね。
小さいころから巣立っていくまで、そして巣立って行ってからの生活も見据えたトータルプランニングをすることでより良い注文住宅ライフを送ることが出来ます。ぜひ検討してみてくださいね。

資料請求

カフェのような家づくり
カフェのような家づくり

マスノホームズ株式会社
大阪府泉南市樽井二丁目23ー20
tel:072-484-5359 fax:072-482-0165
E-mail:m-homes@masuno55.co.jp

Copyright© 2014 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.