大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 > スタッフブログ > 憧れのマイホームを諦めない!費用を抑えて理想の注文住宅を建てる方法

憧れのマイホームを諦めない!費用を抑えて理想の注文住宅を建てる方法

2017-11-24

あなたの夢のマイホームはどんな家ですか?
人それぞれ希望がある中で、あなただけの家の実現を手伝う、それが注文住宅です。

でも、建売物件じゃなくて注文住宅にしたら、自由な家を作れるけどその分高くつきそうなイメージがありますよね…

しかし、間取りや内装、設備などを工夫すればかなり費用を抑えることが実際には出来ます。

そこで、ここではどのようにすれば注文住宅でも費用が抑えられるのかという疑問に答えていきたいと思います!
費用を抑えるポイントはたくさんありますが、ここでは3つご紹介します。

 

◇本当に必要な設備は何かを見極める

設備や内装は、本当に欲しいもの、必要なものは何かを理解することが重要です。

おしゃれで高性能なキッチンにミスト付きの広いお風呂場、雨でも洗濯物が干せるサンルームなど、お金さえあればどんな家も実現できます。

想像を膨らませるのは楽しいことですが、自分にはここだけは譲れないという点を見極めなければなりません。

例えば、料理が大好きな奥様は自分好みのキッチンが重要です。

一方、共働きで家にいない時間が長い家庭なら、洗濯物が雨でぬれないサンルームの方が重要かもしれません。

自分の一番重要なポイントを押さえ、それ以外は既製品にしたり性能を抑えたりすることで、内装設備の価格が上がりすぎることを防げます。

 

◇部屋や家全体の形状をシンプルにする

形状がシンプルであるほど、建設の手間が減り費用が抑えられます。

例えば、2つの小さな部屋を1つ大きな部屋に変えれば、1つのドアと間仕切りがなくなることで、工事の人件費、ドアの材料費、照明・スイッチの数を削減できます。

また、家全体の形状を凹凸のある複雑な形状から正方形・長方形などのシンプルな形にすれば、外壁面積と角の数が減るため、その分材料費が抑えられます。

他にも、屋根を片屋根や切妻屋根にすれば施工の手間と材料費が抑えられ、コストダウンにつながります。

 

◇水回りと収納はそれぞれまとめてしまう

キッチン・バス・トイレ・などの水回りをなるべく近くにまとめると、排給水管の距離が短くなり、その分施工費も入居後のガス代・メンテナンス費も抑えられます。

一方、部屋ごとの収納を作るのではなく、ウォークインクローゼットとして集中収納を構えることで、扉の数を減らし、クローゼットをハンガーポールや棚だけのシンプルなつくりにできます。

 

いかがでしょうか?
細かいコツはたくさんありますが、一番重要なのは自分の希望を見極めることです。
費用を抑えて憧れのマイホームに近づきましょう!

資料請求

カフェのような家づくり
カフェのような家づくり

マスノホームズ株式会社
大阪府泉南市樽井二丁目23ー20
tel:072-484-5359 fax:072-482-0165
E-mail:m-homes@masuno55.co.jp

Copyright© 2014 大阪・岸和田の自然素材の家・注文住宅なら | Masuno Homes株式会社 All Rights Reserved.